毛穴の凹み(へこみ)原因と対策方法・スキンケア・メイクアップも紹介

美しい素肌とは言いにくいのが毛穴の凹み(へこみ)。毛穴トラブルは何が原因なのでしょうか。クレーターみたいに凹み(へこみ)が出来てしまった肌は鏡を見るたびに、女性を憂鬱な気持ちにさせます。

そこで、毛穴の凹み(へこみ)が出来てしまう原因と対策を紹介します。正しいスキンケアの知識で美しい素肌を目指しましょう。凹んでしまった毛穴を目立たせなくするためのメイクの仕方も紹介しますので是非参考にしてくださいね!

毛穴の凹み(へこみ)の原因

毛穴の周囲が凹んだようにクレーター化してしまうのには、3パターンの原因が考えられます。

乾燥

肌が乾燥すると、乾燥を補おうとして油分が多く分泌されるようになります。皮脂の過剰分泌は毛穴を大きく開かせてしまう結果になり、毛穴が大きく開くとその周囲がへこんでしまうことがあります。20代後半以降に毛穴のへこみで悩むようになった場合は、原因が乾燥であることを第一に疑ったほうが良いでしょう。

ニキビ跡

思春期以降にもニキビはできます。ストレスやホルモンバランスの変化で皮脂分泌が活発になるとニキビができやすくなります。そのニキビを無理につぶすなどの大きな刺激がかかったり、ニキビの炎症が同じ場所に繰り返し起こることで、ニキビの跡がそのまま毛穴のへこみになることがあります。これはニキビができた肌の奥の深い部分が壊されてしまうことが原因です。

たるみ

年齢とともにたるみによる毛穴のへこみが目立つこともあります。加齢により肌の弾力やハリが低下するとたるみがでて、毛穴が涙型に大きく開いてしまうことも。大きな毛穴はその周囲をへこませてしまいます。更年期以降に毛穴のへこみが気になるようになった場合は、たるみが原因かもしれません。

あなたの毛穴のへこみの原因はどれが当てはまりそうでしょうか?これらの原因別に対処しましょう。

毛穴の凹み(へこみ)の対処法

原因別の毛穴のへこみへの対処方法を紹介します。

乾燥が原因の毛穴のへこみの場合

乾燥のために毛穴周囲にへこみが出来てしまった場合には、保湿が重要です。毛穴のへこみは今までのスキンケアでは保湿が足らないことを意味しています。高保湿の化粧水に切り換えて肌に蓋をするために乳液やクリームを使用するようにしましょう。普段のケアに保湿美容液をプラスして使うのも有効です。

日光を浴びる習慣のある人は、日焼け止めを使うなどして乾燥をすすませないようにする必要があります。

また肌の乾燥は洗顔やクレンジング方法が間違っていて、必要な皮脂まで落としてしまっている場合もあります。自分自身のスキンケアが間違っていないかを見直すタイミングかもしれません。

ニキビ跡が原因の毛穴のへこみの場合

ニキビ跡が原因で毛穴のへこみが出来てしまった場合、ピーリングや医療レーザーで対応します。古い角質をピーリング剤で除去することは、トラブルを起こしている細胞をスムーズに取り去ることで肌のターンオーバーを活性化させます。新陳代謝とともに、毛穴のへこみは目立たなくなります。

定期的なピーリングは皮膚の毛穴がつまりにくくなり、ニキビの元であるコメド(皮脂が毛穴に詰まった状態)ができにくくなります。

ただしピーリングは肌への刺激が強く、肌の弱い方には負担になる場合もありますので、注意が必要です。

たるみが原因の毛穴のへこみの場合

加齢によるたるみ毛穴が原因の毛穴のへこみの場合、保湿とエイジングケアが重要になります。年齢とともに肌の水分量は減少していきます。保湿を意識した乾燥対策をまずは行いましょう。

そのうえで、エイジングケアも必要です。タルミ対策ができるエイジングケア美容液を普段のケアにプラスするなど、肌にハリや弾力をもたせることを意識しましょう。

プラセンタや幹細胞が含まれている美容液は年齢ケアに適しています。自分の肌にあったものを探すことが大切です。

毛穴の凹み(へこみ)を悪化させてしまう悪いスキンケア

毛穴のへこみを悪化させてしまう悪いスキンケアに注意しましょう。

刺激の強いクレンジング・洗顔

クレンジングや洗顔が乾燥を加速させていることもあります。人気のオイルクレンジングは手早くメイクオフできるという利点で愛用者が多い一方、肌への負担が大きく乾燥の原因にもなります。

できたらオイルクレンジングよりは、マイルドなクリームやミルク、バームなどのクレンジング剤を選ぶようにすると、乾燥しがちだった肌が落ち着くこともあります。

また肌への摩擦も乾燥の原因です。ゴシゴシと指でこするような洗顔はNG。しっかりと泡を作ってから泡で包み込むように洗うのが正しい洗顔方法です。

毛穴へのシートパック

毛穴のへこみには、毛穴ケアは欠かせません。クレンジングや洗顔で毛穴の汚れを取ることは重要です。しかし、毛穴が気になるからといって、貼って剥がすタイプのシートパックは実は逆効果。一時期、角栓をとる鼻へのパックがブームにもなりましたが、かえって毛穴を大きくしてしまい、肌に刺激を与えてしまいます。

毛穴ケアは優しく汚れを落とすこと、汚れを落としたあと潤いを補給すること、それから最後に毛穴を引き締めることがポイントです。ビタミンCの含まれている基礎化粧品には毛穴への引き締め効果が期待できます。

毛穴の凹み(へこみ)が気になる人のスキンケア用品の選び方

毛穴のへこみが気になる方は、それぞれの原因に応じたスキンケア用品を選ぶことが大切です。

乾燥が原因タイプのスキンケア

乾燥が原因の方は、とにかく保湿。ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分が高濃度で配合されているものがおすすめ。化粧水だけではなく、保湿用美容液も使うようにすると肌の変化を感じやすくなるでしょう。もちろん、化粧水や美容液で潤い補給したあとには、乳液やクリームを使って潤い成分を閉じ込めるのをお忘れなく。

にきびが原因タイプのスキンケア

対してニキビ跡が原因になっているのなら、新しいニキビを作らせないような毛穴ケアできるスキンケア用品を選ぶほうがいいでしょう。殺菌作用や抗炎症作用があるようなスキンケアも有効ですが、ニキビに大切なのはなによりクレンジングと洗顔です。丁寧に汚れを取り除く優しい洗顔を心がけます。またこまめに枕カバーを取り換えたり、野菜をしっかりとるようにするなど、生活習慣も気を付けるようにしましょう。

たるみが原因タイプのスキンケア

たるみが原因の場合はプラセンタや幹細胞などエイジングケアができる成分が配合されているものを選びましょう。保湿も重要になっている年頃ですので、保湿力に気を配った年齢ケアが必要です。化粧品だけではなく、サプリメントで栄養を補うのもおすすめです。

それぞれの原因に応じたスキンケア用品を選ぶことはとても重要です。早く結果を出したい人は美容皮膚科などを利用すると、毛穴のへこみも治療の対象として医学的なケアをうけることもできます。

毛穴の凹み(へこみ)をカバーするメイク方法

毛穴のへこみを気にしているのなら、スキンケアと同時にベースメイクにも力をいれましょう。毛穴のへこみは丁寧にベースづくりをすることでカバーできます。この時に重要なポイントになるのが下地。ファンデーションをつける前に、肌ムラを整える化粧下地が重要な役割を果たしています。

毛穴のへこみをカバーするメイク方法のコツを紹介します。

丁寧に化粧下地を塗りこむ

化粧下地は肌の凹凸を整えるために、有効です。毛穴は下に向いているために、下地を塗る時には下から上に向かって、毛穴を塗りこめるイメージで塗っていきましょう。毛穴のへこみをカバーするためにはシリコン入りの化粧下地を使うのがおすすめです。毛穴の凸凹をフラットにすることで、毛穴を目立たなくさせ、化粧崩れを防止します。

ファンデーションはクリームタイプがおすすめ

毛穴のへこみのためには、クリームタイプのファンデーションがおすすめです。リキッドよりもカバー力が高く、パウダーよりも保湿力が高いクリームファンデーション。しっかりと毛穴をカバーしながらも美容成分を肌に届けてくれる効果が期待できます。もしまだクリームタイプのファンデーションを試したことがないのなら、この機会にチャレンジしてみてください。毛穴のへこみが気になる方には一考の価値があります。

仕上げのパウダー

仕上げにお粉(パウダー)を使うことも習慣化させましょう。パウダーは化粧崩れを防ぐと同時に、肌の質感を整えて綺麗に見せてくれます。毛穴のへこみが気になる女性こそ、お粉(パウダー)をメイクの仕上げに使うようにしましょう。

毛穴凹み(へこみ)まとめ

毛穴の凹み(へこみ)の原因と対策を紹介しました。自分の毛穴がどんな原因で凹み(へこみ)が出てしまったのかを知り、正しくスキンケアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です