40歳を過ぎフェイスラインに異変が!オバサン化を防ぐにはどうする?

この記事の情報提供者

40歳以降にエイジングサインがどんどん目立ってくる人が多く、中でもフェイスラインの崩れに悩む人の割合が高いことが、各所のアンケートなどの調査結果からも見て取れます。

そこで今回は、エステサロンのオーナーであり美容家、エステティシャンとして10年以上の経験を持つ寒川あゆみさんに伺ったお話をもとに……

  • 40代のフェイスラインの悩みにはどんなものがある?
  • 40代のフェイスラインがぼやけるのはどうして?
  • 40代のフェイスラインがたるむ原因は何?
  • 40代のフェイスラインのたるみ対策にはどんなものがある?
  • 40代のフェイスラインをシャープにするアイテムにはどんなものがある?

以上のことについて取り上げます。40代のフェイスラインを若々しく見せたい人は、ぜひご覧ください!

40歳以降のフェイスラインの悩みにはどんなものがある?

40歳以降の女性が悩まされやすい、老け見えを助長するフェイスラインの崩れについて説明していきます。

二重アゴ

急激に太ることで脂肪サイズが大きくなり、顔まわりが大きくなって二重アゴになる場合があります。これに対して、太っていないのに二重アゴになる場合は、筋力の低下によるたるみが生じ、アゴまわりがもたもたしたような感じになります。

ほうれい線・マリオネットライン

鼻の両脇からくちびるの両端に伸びる線がほうれい線、くちびるの両端からアゴに向けて伸びる線がマリオネットラインです。これらの線が目立ってきたと感じる場合は頬の筋力、口元の筋力が低下したことで皮膚がたるみ、折れジワのように見えます。

寒川あゆみさん
頬や口元の筋力を引き締めること、フェイスラインから持ち上げるようにマッサージをしましょう。

40歳以降にフェイスラインがぼやけるのはどうして?

40歳以降にフェイスラインがぼやけて見えてしまう理由は、大きく分けて2つ。それが何なのかや、どういう仕組みでぼやけるのかを簡単に説明していきます。

筋力の低下

顔の骨のまわりには筋肉が張り巡らされていて、筋肉と皮膚のあいだには脂肪があります。

若いころの筋肉はピンと張っていて、強く弾力があります。それが年齢の高まりとともに筋力が低下すると、古くなったゴムのように伸びてしまうことに。

そうなると、骨の位置からずれてしまい、上についている脂肪や皮膚まで一緒にずれ、位置が下がってしまいます。これがフェイスラインがぼやける理由のひとつです。

脂肪サイズが増す

40歳以降、急に太ったと嘆く人は少なくありません。年齢の高まりとともに急激に太った場合、脂肪サイズが増すとそれが輪郭が隠れてしまう原因になります。

先述した加齢による筋力の低下のほか、この脂肪サイズが増すことが顔の立体の形やプロポーションを崩れさせてしまい、フェイスラインがぼやけて見えるのです。

40歳以降にフェイスラインがたるむ原因は何?

顔の形は骨があり、そのまわりには筋肉が張り巡らされていて、脂肪によってより膨らみ感が出て、あいだに血液やリンパが流れ、上に皮膚組織があります。

たるみは、顔を構成するこれらの異常で生じます。具体的には以下の通りです。

歪み

顔の土台となっている骨。ここに歪みが生じているのはフェイスラインがたるむ理由のひとつに含まれます。骨に歪みがあり、たるみが目立ちやすくなるかどうかは、左右の筋肉のつき方や表情筋の使い方、脂肪のつき方などの影響を受けます。

筋力の低下

若いころは弾力のある筋肉だったのに対し、年齢を重ねるにつれて弾力が失われたために、伸びたゴムのようになってしまう……。このほかにも、表情筋の使い方がまずいことによって筋力の低下を招いてしまい、たるみが生じることもあります。

脂肪サイズが増す

急激に太るのが良くありません。脂肪サイズが大きくなることによって、アゴまわりやフェイスラインのたるみが目立ちやすくなってしまいます。

また、肩や首まわり、デコルテまわりの流れが悪いのも問題です。流れが悪いと血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物を溜め込みやすくなります。そしてその老廃物が、脂肪サイズを大きくさせてしまいます。

肩や首のコリを感じている人は、流れの悪さを疑ってみたほうが良いでしょう。

40歳以降のフェイスラインのたるみ対策にはどんなものがある?

40歳以降にフェイスラインがたるむのは、歪みや筋力の低下、脂肪サイズが増すためと述べました。ここでは、それぞれに対してどんな方法が効果的なのか解説していきます。

歪み

座っているときや立っているときの姿勢が悪いと、顔の歪みを招きやすくなることになります。正しい姿勢をとることで肩の位置や顔の位置が整います。

背骨や肩の位置、骨盤の位置、顔の歪みがある場合は、日々の姿勢を見直したり、定期的に歪みを直したりしましょう

筋力の低下

筋力の低下によるたるみ対策としては、日ごろから表情に意識を向けることが大切です。たとえば、口角をキュッと引き締めてニコッと笑う、頬をキュッと引き上げて高さをキープするようにしましょう。

脂肪サイズが増す

肩や首、デコルテの流れが悪いことにより生じるたるみに対しては、マッサージが効果的。血液の流れやリンパの流れをマッサージによって促進し、コリをやわらげ、老廃物や脂肪を溜め込まないようにしましょう。

40歳以降のフェイスラインをシャープにするアイテムにはどんなものがある?

フェイスラインの崩れの対策をサポートしてくれる商品は、数多く発売されています。その中でもおすすめのものについて、ご紹介しましょう。

美顔ローラー

ドラッグストアや100円ショップなどで売っている安くて手軽なものから、マイクロカレントが発生したり、エステティシャンの手の動きを再現したりといった本格的なものまであります。プラスチックなどでできているものであれば、入浴中の使用も可能です。

美顔ローラーはフェイスラインのマッサージをして老廃物を流し、フェイスラインを整える効果が期待できるので、むくみやすい人におすすめです。

多機能美顔器

筋力の低下によるたるみが気になっている人の場合には、表情筋に働きかけて筋肉トレーニングに効果的なEMS機能が搭載された美顔器がおすすめ。多機能の製品であれば、マイクロカレント機能も搭載されているので、このようなものであればむくみやすい人にも良いでしょう。

まとめ

年齢の高まりとともにフェイスラインが崩れて二重アゴになる人や、ほうれい線やマリオネットラインが目立ってきて悩む人は多いです。こうしたエイジングサインの原因は、歪み、筋力の低下、脂肪サイズのアップが考えられます。

対策としては歪まないように正しい姿勢を心がけることや歪みを矯正すること、口角や頬を引き上げる表情を意識すること、マッサージをすることといった方法が効果的。美顔ローラーなどシャープなフェイスラインをサポートするアイテムを取り入れるのも良いです。

40歳以降、できることはやって、若々しさを保ったまま次の世代を迎えられるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です