顔のたるみにはコレ!美肌に向けた正しい対処法と注意点を押さえよう

この記事の情報提供者

あなたは、顔のたるみに悩んでいませんか?原因がわかれば、正しく取り組んで、顔のたるみを改善する可能性を高められるでしょう。今回は、肌の老化や美貌の保ち方に詳しい小林さちさんに、顔のたるみについて教えていただきました。

具体的には

  • 顔のたるみの原因
  • 顔のたるみの対処法
  • 顔のたるみを改善するトレーニング方法
  • 顔のたるみ解消グッズの種類・選び方
  • 顔のたるみを予防する上での注意点

を解説していきます。顔のたるみに悩む女性は、ぜひ役立ててくださいね。

顔のたるみの原因


顔のたるみが気になってきた場合は、まず原因から探ってみましょう。どのような原因で顔にたるみが出ていているのかがわかれば、適切な対処法を見つけるために役立ちます。

さっそく、顔のたるみがどうして生じるのかを見ていきましょう。

コラーゲン・エラスチンの衰え

肌のクッションとも言えるコラーゲンや、それを支えるエラスチンの劣化です。コラーゲンやエラスチンが衰えてくると、肌の弾力やハリが減ると考えられています。そのため、顔のたるみだけでなく、乾燥やシミの原因にもなると言われているのです。

紫外線の影響や乾燥なども、肌のターンオーバーの乱れや、コラーゲン・エラスチンの減少につながるため、顔のたるみを引き起こす原因と考えられています。

表情筋の低下


表情筋の低下の原因として真っ先に挙げられるのが、加齢。ですが、急激なダイエット噛み癖などの生活習慣が、表情筋の低下に関係していることもあり、顔のたるみにつながると言われています。

皮下脂肪の肥大化

皮下脂肪が肥大化すると、真皮にダメージを与え、肌のハリや弾力が低下します。皮下脂肪は、肌にとって良くない成分を生み出してしまうと言われており、弾力やハリの低下をもたらすと考えられているのです。

顔のたるみの対処法


顔のたるみに対処する際には、体の外側からと、内側からの両方からアプローチしていく必要があります。そこで、顔のたるみに対処するために効果的なスキンケアや睡眠、栄養素などについてまとめました。

スキンケアの見直し

肌のハリや弾力を高める効果があることで知られているのが、ビタミンC誘導体レチノールフラーレンなどの成分。これらが配合された化粧品を取り入れることで、顔のたるみ改善が期待できます。

それと同時に、保湿ケアも十分に行うことで、顔のたるみにより効果的にアプローチできるでしょう。

十分な睡眠をとる

睡眠不足は、肌に良くないことで知られています。肌のターンオーバーを乱したり、肌の細胞に良くない影響を与えたりして、たるみだけでなく、シワの原因にもなると言われているのです。早めの就寝を心がけましょう。

コラーゲンやビタミンCの摂取


コラーゲンやビタミンCを摂るのは、体の内側からハリや弾力を高めるのに効果的です。コラーゲンを摂取すると、体の中でコラーゲンをつくるための信号が出されると考えられています。また、ビタミンCはコラーゲンをつくるときに必要な材料になることで知られているため、顔のたるみに対処するために重要な存在です。

表情筋を鍛える

表情筋とは、顔全体に広がっている筋肉のこと。口角を上げる、よく笑う、よく噛んで食べるということを日頃から心がけていると、表情筋が鍛えられます。それと同時に、美顔器フェイシャルフィットネスの器具などを上手に取り入れることも効果的です。

紫外線対策を十分に行う

紫外線は陽射しの強い日だけ塗れば良いというものではありません。屋内にいるときにも紫外線の影響を受けるので、日ごろから必ず日焼け止めを塗るように心がけましょう。また、こまめに日焼け止めを塗り直すことも忘れてはいけません。

日焼け止めとサングラス帽子日傘などを併用するのも良いです。

顔のたるみを改善するトレーニング方法


顔のたるみを改善するためには、毎日の生活に取り入れやすいトレーニングに取り組むことが重要です。そこで、顔のたるみに効果的と言われる表情筋のトレーニング方法について、まとめました。

顔のたるみを改善する表情筋のトレーニング方法

顔のたるみを改善するトレーニングは、簡単に取り組めます。まず、鏡を見ながら口角を上げ、歯を見せて笑顔をつくってください。そして、頬を下から指で軽く持ち上げるようにし、その状態を10秒ほどキープするだけです。

気がついたときにこのトレーニングを行うようにして、1日数回を目安にすると良いでしょう。

顔のたるみ解消グッズの種類・選び方


顔のたるみ解消に役立つグッズには、たくさんの種類があります。どのような種類があるのかを把握した上で、どうやって選べば良いのかも押さえておきましょう。ここでは、顔のたるみを解消するグッズの種類やその選び方について、記載しました。

コロコロローラー

コロコロローラーは、顔のたるみを解消してくれるグッズとして有名です。マッサージ効果が得られて、表情筋に刺激を与えられたり、血行の促進につながったりすると言われています。

コロコロローラーを使うときには、下から上に引き上げるようにして毎日使用すれば、顔のたるみを改善する効果が期待できますよ。

カッサ


カッサは、顔や頭のこりをほぐすことで、顔のたるみを和らげてくれると言われている道具。リンパの流れを意識したリフトアップマッサージを行いながら、カッサを使って顔をほぐすと、より効果的です。

口に咥えて表情筋を鍛えることができる器具

口に咥えて表情筋を鍛えることができるフェイシャルフィットネス器具は、顔のたるみを解消する効果が得られることで知られています。ですが、表情筋を鍛えるためにはフェイシャルフィットネス器具が必要、ということではありません。

たとえば、ペットボトルを数分咥えるだけでも表情筋を鍛える効果が期待できるので、ぜひ試してみてくださいね。

美顔器

美顔器といってもさまざまな種類があります。フェイスラインにとりつけるマスクタイプのものや、耳にかけるだけのものエステで使うような、肌に直接あてて引き締めるものなどがあるので、あなたに合ったものを探してみてくださいね。

顔のたるみ解消グッズは継続性・相性を基準に選ぶ

顔のたるみを解消するグッズを選ぶポイントは、継続して使うことができるかどうかです。取り組む際のやり方が面倒であったり、時間がかかったりするものは、三日坊主に終わってしまうこともあるので注意しましょう。

このほか、肌質や体質に合ったものを選ぶことも大切。たとえば顎関節症の人は、口に咥えるような器具の使用は難しいですし、敏感肌の人は、エステで使うような美顔器は、相性が合わない可能性があります。あなたに合ったグッズの中から、長く使えるものを選んでくださいね。

顔のたるみを予防する上での注意点


顔のたるみを予防するためには、注意点をしっかりと把握しておくことが重要です。なぜなら、肌トラブルを招いてしまうリスクを低くできるからです。そこで、顔のたるみを予防する際に気をつけるべきことについて、確認しておきましょう。

コツコツと続ける

顔のたるみを予防するためには、忍耐力が大切です。すぐに効果が出るものではないので、簡単に諦めることなく、コツコツと続けていきましょう。

ただし、スキンケアの場合、化粧品が肌に合っていないと、努力しても効果が表れないこともあります。そのため1本使い切っても、何の効果も実感できなかった場合には、別の有用成分が配合された化粧品にシフトすると良いでしょう。

皮膚に強い刺激を与えない


皮膚に強い刺激を与えると、肌のトラブルにつながってしまうリスクがあります。そのため、どんなケアをする場合にも、皮膚を引っ張ったり、こすったりなど、強い刺激を与えないように注意しましょう。必ず取扱説明書などに従って、正しく使用するように心がけてくださいね。

まとめ

顔のたるみは老化だけでなく、表情筋の低下や皮下脂肪の肥大化などによっても、引き起こされると考えられています。それらの原因によって、顔のたるみの対処法は異なりますので、正しいやり方でアプローチしましょう。

また、顔のたるみを改善するトレーニング方法や、解消グッズを把握しておけば、より効果的に改善に取り組めるでしょう。合わせて顔のたるみを予防する際の注意点も押さえておけば、より綺麗な肌が保てるはずです。

今よりさらに綺麗な肌になれるよう、顔のたるみの原因や対処法を正しく把握してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です