小顔になる方法には何がある?選りすぐりをピックアップ!

この記事の情報提供者

原因しだいではあるものの、家や職場などの外出先でできる対策だけでも、顔の大きさの悩みを解決に導ける見込みがあります。なぜなら、顔が大きく見えてしまうのは、日常生活の過ごし方に起因することが多いためです。

当記事では、小顔になる方法を詳しく知る寒川あゆみさんの豊富な知識をお借りして

    • 顔が大きく見える原因
    • 筋トレで小顔になる方法
    • マッサージで小顔になる方法
    • 顔のむくみを取ることで小顔になる方法
    • アイテムを駆使して小顔になる方法

について取り上げます。小顔になりたい女性は、その願望を叶えるための良いきっかけにしてくださいね!

顔が大きく見える原因


顔の大きさで悩む人は、ここであげる原因にあてはまるケースが多いです。どれも普段の過ごし方が大きく関わっているものなので、確認してみましょう。

顔・肩・首のこり&リンパの停滞

座っているときや立っているときの姿勢が悪いと、背中や骨格に歪みが生じてしまいます。そのため、筋肉の使い方が悪くなってしまって、こりを感じやすくなったり、リンパが詰まりやすくなったりするのです。

そうして顔や肩、首などのこりやリンパの滞りがひどくなってくると、デコルテまわりや顔まわりに老廃物が蓄積。すると、顔が膨張したような印象になって、大きく見えてしまうのです。したがって、まわりの人から姿勢が悪いといわれたことがある人は、気をつけましょう。

そして、人に指摘されたことはないものの、姿勢が悪いと自覚している人も含め、普段の生活の中では意識して姿勢を正すことが大切です。しばらく続けていれば、意識しなくても良い姿勢を保てるようになれます。

脂肪がついた


太ると脂肪が増えてサイズ感がアップするので、顔が大きく見える原因に……。中でも顔の形が丸い人は、脂肪がつくと顔が大きく見えやすいです。

脂肪がついたことで顔が大きく見えている場合には、食習慣や運動習慣を見直すことが大切。顔まわりの脂肪が少なくなって引き締まると、小顔に見えやすくなるのです。

顔・体の筋力低下

表情筋や体全体の筋力が低下すると、その上にのっている皮膚までたるみが生じてしまいます。そして、フェイスラインの引き締まった感じが失われて、顔が大きく見えるのです。

この場合には、顔の筋力を向上させることが大切。そのための方法は、次の項目で詳しく解説します。

筋トレで小顔になる方法


顔の中でも、とくに口まわりの筋肉を鍛えると、小顔に見えやすくなります。以下の3つの方法で、顔の筋力アップを狙いましょう。

★食事の際、30回を目安によく噛む
★口を縦に広げるように、「をー」の形にして、頬の筋肉を縦に伸ばすように意識しながら約10秒キープする(これを5回繰り返す)
★口角をあげて、「いー」の形にして、奥歯は食いしばらずに頬の筋肉を持ち上げるように意識して、約10秒キープする(これを5回繰り返す)

マッサージで小顔になる方法


マッサージをうまく取り入れると、血流やリンパの流れを改善でき、むくみの解消効果が期待できて小顔に近づけます。すっきりとした顔立ちになるためのマッサージ方法は、以下のとおりです。

デコルテ〜脇のリンパに向かって老廃物を流すイメージでマッサージする(約15回ずつ)

脇のリンパをもみほぐす(約10回)

肩の付け根〜耳下腺に向かってゆっくり往復する(約15回)

手のひらを密着させて、あご〜こめかみに向かって老廃物や肌を持ち上げるように流す(約10回)

親指であご裏を押さえ、人さし指でフェイスラインを挟み、あご〜耳下腺に向かって流す(約10回)

こぶしをつくって指の関節を使いながら、以下の順に流す(各10回)
1.あご〜こめかみ
2.口角〜噛み合わせ
3.小鼻〜こめかみ

指の関節を使いながら、耳の付け根部分を上下に流す(約10回)

仕上げとして最後にもう一度、手のひらを密着させて、あご〜こめかみに向かって老廃物や肌を持ち上げるように流す(約10回)をおこなう

顔のむくみを取ることで小顔になる方法


顔のむくみを改善したい場合、老廃物を体の外に出したり、表情筋を引き締めたりするのが効果的。次の方法でむくみ解消に取り組みましょう。

★1日1.5リットルの水をこまめに飲み、水分代謝を高める(トイレや汗として老廃物を出し、溜めないようにする)
★入浴中や入浴後など、体が温まっているときにマッサージをして老廃物の排出を流す
★マッサージ後、表情筋を引き締めるように顔のエクササイズをおこなう

アイテムを駆使して小顔になる方法

小顔になる方法を探している人は、使い勝手のいいアイテムを取り入れてみるのも良いでしょう。日常生活に組み込めば、小顔への道をショートカットできる可能性が……。あなたに合うものも、この中にあるかもしれませんよ。

コロコロのマッサージローラー

100円ショップやドラッグストアなどでも販売されているコロコロマッサージ器は、手軽にこりほぐしができるために、毎日の生活に取り入れやすいのがメリット。血液やリンパの流れをスムーズする効果が望めるという理由から、老廃物が溜まりにくくなって顔のたるみが気になる人にもおすすめです。

小顔になる方法の中でも、取り組みやすいものから実践したい人は、手軽にできるマッサージローラーからはじめてみると良いですよ。

美顔器&エクササイズマシーン

最近、話題になっている美顔器や顔のエクササイズマシーンには、マッサージや顔のエクササイズによる引き締めが見込めます

たとえば、ヤーマン社のメディリフトは、顔に装着するだけで口まわりの筋肉を柔らかくしてくれるというもので、小顔になる方法として注目されています。それだけでなくメディリフトは、リフトアップやたるみの解消に効果的とされているので、顔を小さくしたい人は要チェックですよ。

ほかにも、MTG社のPAOも口まわりの筋肉を鍛えることができるため、人気を博しているアイテムです。口にくわえて上下に動かすことでしなりが出るPAOは、顔の筋肉への負担が大きく慣れるまではうまく扱えない人も珍しくありません。その分、PAOを使ったトレーニングに慣れてくると、口周辺の筋肉が鍛えられているのが実感できるでしょう。

リフトアップクリーム


リフトアップクリームは皮膚を引き締めてくれたり、ターンオーバーを良好な状態にしてくれたりする効果が望めるアイテム。ホスファチジルコリン成分が含まれているものは、脂肪溶解やむくみによるたるみなどに効果的なことで知られているので、商品選びの際にはチェックしてみてくださいね。

寒川あゆみさん
例をひとつあげると、クラランス トータルVセラム(クラランス社)は、肌表面の引き締めに有用ですよ。

まとめ

老廃物や脂肪の蓄積、筋力低下……。顔が大きく見えて悩む女性は、この3要素のどれか、または複数該当するケースが多いです。

対処法としてはまず、どれにあてはまるのかを自分の場合の原因を探りましょう。その上で、姿勢の悪さや食生活の乱れといった問題を排除するとともに、筋トレやマッサージ、アイテムなどの小顔になる方法を取り入れるのが得策。結果が出るのを期待して、ぜひ実行してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です