ニキビ跡にはピーリングが効果大?美肌を育むためのポイントとは?

この記事の情報提供者

できたニキビを潰すなどの間違った対処法をとると、シミのような状態のニキビ跡ができてしまうことがあります。実際、悩まされている人は多いですが、改善に期待が持てるケアとしてピーリングが支持されているのをご存知でしょうか。

この記事では……

  • ニキビ跡のケアにピーリングが効果的な理由
  • 自宅でできるニキビ跡に効果的なピーリングの方法
  • ニキビ跡のケアに最適なピーリング剤の選び方
  • ニキビ跡のケアでピーリングする際の注意点

について、ニキビ跡に対するピーリングケアのことをよく知る、丹沢まどかさんから聞いたお話をもとに紹介していきます。効果的かつ安全に取り入れたい人は、要チェックですよ!

ニキビ跡のケアにピーリングが効果的な理由


炎症したニキビが色素沈着を起こし、跡になってしまうことで、ニキビ跡は気になってきてしまいます。

ピーリングとは、薬剤や液状の成分で角質を溶かし、剥がすもの。不要な角質を取り除くことで沈着した色素を排出するよう、ターンオーバーを促進するのに効果的です。肌の正常なターンオーバーは28日周期ですが、生活習慣の乱れなどが重なることで、この周期が遅くなることがあります。

その点、適切なピーリングケアをすれば、遅くなったターンオーバーを正常な周期に戻していく効果が期待できるので、ニキビ跡のケアとして取り入れている人が多いのです。

自宅でできるニキビ跡に効果的なピーリングの方法


ニキビ跡に効果が見込めるピーリングは、ホームケアとして取り入れることができます。ケアアイテムの種類は複数あるので、ここでそれぞれの特徴を押さえておきましょう。

ピーリングのせっけん

ピーリングせっけんのおすすめは、洗顔せっけんにフルーツ酸(AHA)成分が配合されたもの。入手が簡単であり、顔を洗うだけでピーリング効果が期待できる手軽さが魅力です。

なお、ピーリングのせっけんには、殺菌効果が望める成分(BHA)が配合されているものもあります。ただ、AHAのほうが肌にやさしく、ターンオーバーを適正な状態にしてくれる働きが期待できるので、ニキビ跡のケアにはAHAタイプのピーリングせっけんを使ってみてください。

ピーリングせっけんの使い方は簡単で、基本的にはせっけんを泡だて、目立っていると感じるニキビ跡を入念に洗っていくだけです。とても手軽ですが、目元、口元の粘膜に近い部分を避けて洗顔するように注意してください。

ピーリングジェル


あんずの種子やくるみの殻などの植物成分が化粧品に配合されているのが、ピーリングジェルです。こうした植物成分入りの商品であれば肌に比較的やさしく、ケアに取り入れやすいでしょう。使用方法については、ニキビ跡の気になるところを中心になじませていくと、ポロポロと角質を絡め取ることができます。

美容液ピーリング

美容液や化粧水のように肌になじませたあと、洗い流すタイプの美容液ピーリング。肌になじませ、不要な角質を柔らかく、はがれやすくしてくれます。美容液ピーリングは、「せっけんでは物足りないけれど、ジェルのように刺激を加えたくない……」という人におすすめです。

ニキビ跡のケアに最適なピーリング剤の選び方

ニキビ跡のお手入れに取りかかる際には、肌の状態に合わせたピーリングをすることが重要です。間違ったケアをすると逆効果になる恐れがあるので、以下の要点をしっかりと押さえておいてくださいね。

炎症ニキビがある人&敏感肌の人

炎症ニキビがある人や肌が敏感で刺激に弱い人は、洗顔せっけんや美容液ピーリングを用いたスキンケアを組み込むと良いでしょう。その理由は肌への刺激が少なく、やさしくケアできるから。炎症ニキビは熱を持っていて、肌の常在菌バランスが崩れている状態なので、強い刺激を与えるとさらにひどくなってしまう恐れがあります。

また、刺激に弱い肌質の人が強い刺激のあるピーリング剤を使うと、肌荒れを起こしてしまうリスクもあります。そのため、比較的肌にやさしいピーリング剤を使い、ターンオーバーを促進して少しずつニキビ跡を解消できるように取り組んでいきましょう。

慢性のニキビ跡に悩む人

慢性的にニキビ跡が気になる人には、ピーリングジェルと洗顔せっけんをおすすめします。

本来、ニキビ跡は肌のターンオーバーで気にならなくなっていくもの。そのため、長くニキビ跡が気になっている場合は、ターンオーバーの乱れが起きてしまっていると考えられます。

この場合には、不要な角質をピーリングジェルで取り除き、せっけんでもマイルドにピーリングをすることで、ターンオーバーの活性化を狙っていきましょう。

ニキビ跡のケアでピーリングする際の注意点


ニキビ跡のケアとしてピーリングを組み込む場合、3つの注意点を忘れてはいけません。せっかくのケアが逆効果になってしまわないよう、次のポイントを把握しておきましょう。

ピーリングケアをする間隔

ニキビ跡にはピーリングケアが効果的だからといって、毎日のケアや週に2、3回のケアなど、短かいスパンでのお手入れをしないよう注意してください。ピーリングケアをすると角質がはがれるので、短期間にやりすぎると角質が薄くなってしまうからです。

その結果、本来の肌状態を崩し、水分を保ちにくい状態をつくってしまって、たくさんの肌トラブルのもとになる乾燥を招いてしまうことがあるので気をつけましょう。ピーリング用品別のケアの間隔については、以下を目安にしてください。

【ピーリング用品別】ケアの間隔
ピーリングせっけん&美容液ピーリング:週に1回程度
ピーリングジェル:2週間に1回程度

なお、日々のお手入れがしっかりできている人だと、角質がきれいに取り除けているケースが少なくありません。このように不要な角質がない状態でのピーリングはおすすめできません。そのため、上述の目安を参考に、肌の状態を見極めながらピーリングケアのタイミングを探ると良いでしょう。

ピーリングケア後は入念に保湿する


ピーリングをおこなったあとの肌は不要な角質がなくなるので、一時的に乾燥しやすい状態になっています。そのため、たっぷりと保湿ケアをほどこしてあげてください。ピーリングをしたあとの肌にみずみずしさをプラスすることで、ターンオーバーの促進が期待でき、肌の乾燥からくる肌荒れなどのトラブル防止に効果的です。

ピーリングケア前後の紫外線対策

ピーリング後の肌は一枚角質を取り除いた状態。そのため、紫外線にさらされること自体を防ぐのを目的に、夜にピーリングケアをおこなうのが理想的です。そして、日中は紫外線から肌を守るためにも日焼け止めをしっかり塗り、肌を保護していきましょう。

まとめ

ピーリングは不要な角質を取り除くことで、色素沈着を外に出すよう、肌の生まれ変わりを促してくれるもの。家庭で取り入れることも可能ですが、肌の状態に合わせて商品を選び、タイミングや頻度に注意しつつその商品を正しく取り扱うことが、トラブルなくお悩みを解消する結果につながります。

また、ピーリングケアをする際には、毎回のアフターケアを欠かしてはいけません。ニキビ跡を解消するどころか、別の肌トラブルを招く原因になってしまった……ということにならないよう、くれぐれも気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です