肌のハリ不足になってない?取り戻すために早めのハリケアを!

この記事の情報提供者

たっぷりと潤いがあり、ゆびで押すと内側から反発してくるような、ピンとしたハリ感があるお肌がほしいと思う女性は多いもの。

現状で自分のお肌のハリに自信がないと嘆く女性のために、今回は長く美容業界で活躍している丹沢まどかさんからいただいたアドバイスをベースに

  • 肌のハリを取り戻すために効果的な美容成分の選び方
  • 肌のハリを取り戻すためにより効果的な化粧品の使用方法
  • 肌のハリを取り戻すために効果的なおすすめアイテム
  • 肌のハリ不足を招くNG習慣

について取り上げていきます。お肌のハリ不足の問題を解決したい女性におすすめです。

肌のハリを取り戻すために効果的な化粧品の美容成分

化粧品に配合されている美容成分の中でも、肌にハリを出すのに有用として知られているものは次のとおりです。

  • レチノール(ビタミンA)
  • ビタミンC
  • ナイアシン
  • セラミド

それぞれの効果的な理由を確認していきましょう。

レチノール(ビタミンA)

肌のハリはお肌の内側にあるコラーゲン繊維が関わります。コラーゲンの生成に効果的なのはレチノールです。レチノールは細胞を活性化させ、内側から代謝をあげて細胞を元気にする効果が期待できます。

ビタミンC

ビタミンCはお肌を生成する線維芽細胞を活性化して、コラーゲンを生成してくれます。また、血行を促進しお肌の内側に栄養を運び、ターンオーバーを活性化するのに有用な成分です。

ナイアシン

ナイアシンは、肌の代謝や血行を促進して肌にハリを出すのに効果的な成分です。また、低刺激の成分でもあるため、敏感肌の人が比較的使用しやすいのも特徴のひとつとしてあげられるでしょう。

セラミド

すべての肌トラブルを起こすリスクを高めるのが乾燥。もちろん、肌のハリの減少も起こります。

したがって、ハリのある肌を取り戻すには、内側から水分が逃げるのを防ぐ、セラミドのような高保湿成分も効果的です。中でもヒト型セラミドは、高い保湿力が望めることで知られています。

肌のハリを取り戻すためにより効果的な化粧品の使用方法

ハリのある肌を実感できるようになるには、化粧品を使いこなすことが重要。とくに

  • つけ方
  • つけるタイミング

は意識したいポイントです。ここでどうするのが良いか押さえておきましょう。

つけ方

女性の60パーセントは乾燥しているといわれています。お肌にハリを出すためにも、保湿はしっかりすることが大切です。

500円玉サイズの化粧水を両手に取って、お肌になじませていきましょう。2度目も同じ量をなじませていきます。

丹沢まどかさん
パチパチと叩かず、体温でお肌にプレスするように入れていくともっちりとしたお肌に仕上がります。手の甲で触ったときにもっちりと吸いつくような感触になるまで重ねて保湿していきましょう。

次に使う美容液やクリームも、一回一回しっかりとつけて重ねていくことにより、お肌に有用成分がしっかり届きます。

つけるタイミング

洗顔後、5分以内に化粧水をつけていきましょう。洗顔後は余分な角質や皮脂が取り除かれて、お肌が清浄になった状態です。そのタイミングで化粧水をつけると、お肌の隅々まで保湿をすることができます。

化粧水のあとの美容液、クリームなどは、化粧水がお肌になじみ、水分が入ったと感じるタイミングで順番につけていきましょう

肌のハリを取り戻すために効果的なおすすめアイテム

肌のハリを出すために役立ってくれるもので推したいのは、次の4つです。

  • 炭酸パック
  • モデリングパック
  • 多機能美顔器
  • ピーリング洗顔料

どんな魅力を持っているのか、順番に詳細をチェックしていきましょう。

炭酸パック

炭酸パックはお肌の上で二酸化炭素を発生させ、酸素を集めて内側から血行をよくしていくのに効果的。顔の血行がよくなることでお肌の内側にある線維芽細胞が活性化し、コラーゲンが生成されていくことにつながります。

たった1回で、ゆびでつまんだときにモチっとしたハリを感じることができるでしょう。おすすめのパックです。

モデリングパック

お肌の表面に塗っていくと固まり、ぷるんと剥がしていくタイプのパックです。モデリングパックに含まれるミネラルや美容成分がお肌に浸透して、終わったあとにお肌のハリともちもちとした柔らかさを感じることができるはず。

パックの前に下地としてハリに効果的な美容液を塗っておけば、さらにハリへの効果が期待できます。

多機能美顔器

ひと昔前に比べると美顔器は低価格化、高性能化しており、家で質の高い肌のお手入れ実現が見込めるようになっています。肌のハリを取り戻すのを目的とするのであれば

★コラーゲンの生成を促す
★血行を促す
★美容成分を肌の奥まで届ける

このあたりの機能が搭載されている製品を取り入れるのが良いでしょう。

ピーリング洗顔料

ピーリングをすることによって、肌の代謝促進効果が期待できます。肌のハリへの効果がほしいのであれば、AHA(フルーツ酸)配合の商品が効果的でしょう。

なお、ピーリングは肌への刺激があるので、7~14日間に1回のスペシャルケアという位置づけにするのが無難です。また、ピーリング後は十分な保湿ケアを必ずおこないましょう。

肌のハリ不足を招くNG習慣

どんなに肌のハリを取り戻すために有用な対策をとっていても、ハリが減少する原因を排除していない状態では高い効果は望めません。以下の要素にはとくに気をつけたいところ。

  • オールインワン化粧品
  • 睡眠不足
  • UV対策不足

では、具体的な内容について解説していきます。

オールインワン化粧品

ハリはお肌の内側のコラーゲン繊維が老化し、硬くなることで減少していきます。手軽に塗れるオールインワン化粧品は表面の保湿重視の化粧品なので、ハリを出す効果を得るためのメインアイテムにする、またはこれだけにするのは物足りないです。

睡眠不足

寝ているあいだにお肌の細胞は修復され、活性化されます。睡眠不足はお肌の修復が間に合わず、ハリが減少する原因になります。時間があるときでも夜更かしはせず、忙しい中でも早めにベッドへ入り、体もお肌も休ませるようにしましょう。

丹沢まどかさん
睡眠不足のほかにも、生活習慣でいうと偏った食生活を送っている人や運動不足に陥っている人、さらにはタバコを吸っている人も、その習慣がハリ不足につながってしまいますよ。

UV対策不足

紫外線による肌ダメージは、ハリが失われるのを助長してしまいます。あなたは日焼け止めを夏しか塗っていなかったり、出かける直前に塗ったきりになったりしてはいないでしょうか。

夏だけでなく紫外線は年中降り注いでいるため、毎日のUV対策が必要です。また、紫外線は屋外でだけ警戒しておけばいいものでもありません。屋内にまで紫外線は侵入してくるものなので、注意が必要です。

そのほか、しっかりと日焼け止めの効果を期待するためにも、2~3時間おきに塗りなおしましょう

まとめ

ハリのある肌を手に入れるためには、その願いを叶えるために効果的な美容成分が配合されている化粧品を使いこなせるようになることが大切。さらに各種パックや美顔器、ピーリング洗顔料といった+αのアイテムによるアプローチも取り入れれば、ハリ肌実感の加速が望めるでしょう。

ただし、肌のハリ不足を助長する悪習慣が排除されていなければ、手間やお金をかけてハリケアにはげんでも、効果が出ることへの期待値は下がってしまいます。この記事で取り上げたNG習慣はやめて、ハリケアの効果を最大限に望める状態をつくり、対策を継続していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です