40代で必要なスキンケアまとめ!理想的な働きかけで美魔女に!

この記事の情報提供者

40歳を過ぎると、加齢や老化をこれまで以上に強く意識しだす女性が増加します。そして、「若々しくきれいであり続けるための肌のお手入れをはじめたいけれど、どんな方法があるの?」と気になりだす人もまた多いです。

この記事では、そんな女性のお悩みの解決策を知る寒川あゆみさんから

  • 40代が頭を抱える肌の悩み
  • 40代の肌トラブルにおすすめのスキンケア方法
  • 40代の肌に合ったスキンケア用品の選び方
  • 40代の肌をスキンケアする際の注意点

について詳しくお話を聞き、内容をまとめました。40代の肌に合ったスキンケア方法やスキンケア用品を把握して取り入れたい女性は、ぜひ参考にしてみてください。

40代が頭を抱える肌の悩み


これまで目立った肌トラブルを抱えてこなかった女性でも、40歳を過ぎて肌の衰えを実感する人がグッと多くなります。ここでは、お悩みの具体例をお伝えします。

乾燥

40代になると、ほぼ100%の女性が乾燥肌になるといわれています。その理由は、皮脂が分泌されなくなってくるから。皮脂の分泌が多くなる時期は、男性ホルモンや女性ホルモンが影響をおよぼす10代後半から20代前半。

それ以降は少しずつ皮脂分泌が減り、乾燥していきます。そして40代にもなると、ほぼ100%の女性は肌が乾燥してしまうといわれているのです。

肌の乾燥状態は大きく分けて2種類。触ったときにカサカサするなどの肌表面の乾燥と、スキンケアをしたのにすぐ乾燥してしまうといった内面的な乾燥です。

シワ


目元や口元に細いシワができた場合は、乾燥によるものです。年齢が高くなるにつれてコラーゲンが減少し、肌の弾力がなくなったり、乾燥によって紫外線ダメージを受けコラーゲンが破壊されたりすることで、さらにシワができやすくなります。これらの場合、しっかりと保湿をおこなってコラーゲンケアに取り組み、これ以上シワを深くしないように予防することが大切です。

たるみ

目元にたるみが出てきたり、目尻が下がってきたりした際には、目の周りの筋力が低下しているのが原因です。口元のほうれい線やマリオネットラインが深く見える、皮膚がもたついている原因も口周りの筋力低下によるたるみが原因です。

シミ

紫外線によるダメージによって、目元や頬などにシミが見えたり、顔がくすんで見えるシミ予備軍になってしまったりと、40代はシミの恐怖が押し寄せてくる時期。

また、40代になるとホルモンバランスの乱れが起こりがちに。更年期に向かうなかで、ホルモンバランスに変化が出てくるためです。さらに日常生活や仕事などの環境が変わったり、精神的なダメージを受けたりすることでも、ホルモンバランスは乱れてシミにつながってしまいます。

40代の肌トラブルにおすすめのスキンケア方法


40代で起こり得る肌トラブルを把握できたら、次はそれらを乗り越える対策法を押さえましょう。あなたを笑顔にするスキンケアは以下のとおりです。

乾燥におすすめのスキンケア方法

乾燥に対するスキンケア方法に取り組む際には、化粧水の量を見直すことが重要。効果的に使いこなすコツはこちら。

1.洗顔をしたあと、2枚に重ねにしたコットンに化粧水をたくさん浸して、肌になじませる
2.裏返したコットンに化粧水をたくさんつけ、さらに化粧水をなじませる
3.コラーゲン・ヒアルロン酸などを含むシートマスクを貼る(化粧水と美容液で保湿効果を高めるため)

浅く短いシワにおすすめのスキンケア方法

シワを招きやすく、加速させやすくするのは乾燥です。浅く短いシワは保湿をていねいにおこなうことで、肌がふっくらとしてシワが目立ちにくくなります。

そのため、上述した乾燥におすすめのスキンケア方法と同じやり方でアプローチすると良いでしょう。

寒川あゆみさん
シワのスキンケアをする場合、ヒアルロン酸・コラーゲンなどの成分が含まれた美容液やパックを使って集中ケアをするのもおすすめです。

深いシワ&たるみにおすすめのスキンケア方法


シワが深くなっていたり、たるみが目立ったりする場合は、スキンケアによる保湿はもちろん重要です。その理由は、乾燥によってシワができるケースが多いから。

それに加えて、入浴のあいだやスキンケアの最後にフェイシャルマッサージを取り入れ、老廃物を流すと良いですよ。とくに眉間のシワは、筋肉をほぐすことで改善効果が見込めるので、マッサージがおすすめです。また、サロンやクリニックで定期的に筋力トレーニングをするのもより高い効果が期待できるので、試してみると良いでしょう。

くすみ&シミにおすすめのスキンケア方法

くすみやシミ予備軍の段階であれば、化粧水のあとにビタミンC誘導体やアルブチン、アスタキサンチンなどの美白効果の期待できる美容液やシートマスクを併用して、肌の内部に蓄積するメラニンをとどまらせないことが大切です。

シミは、年月の経過とともにメラニンが蓄積し、メラニンの色がどんどん濃くなることで、大きく見えたり、濃く見えたりするようになります。そのため、できるだけ早くスキンケアに取り組むことが重要なのです。

しかし、シミが濃くなりすぎていたり、大きくなりすぎていたりする場合には、自宅におけるスキンケアだけでは目に見える効果があまり期待できません。そのため、サロンやクリニックで対処するのが効果的です。

40代の肌に合ったスキンケア用品の選び方


40代の肌に効果的なスキンケア用品は、白くてキレイな肌を保つ効果と保湿効果が期待できる成分の両方が含まれたものがおすすめ。具体的には、以下の成分が含まれているかどうかを確認するのが良いです。

保湿効果が期待できる成分:コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタ・ヒト幹細胞など
美白効果が期待できる成分:ビタミンC誘導体・アルブチン・アスタキサンチンなど

また、自宅のスキンケアだけではアプローチできない奥深くのケアも、しっかり考慮してください。つまり、サロンやクリニックでのスキンケアを定期的に組み込むことが一番理想的です。

40代の肌をスキンケアする際の注意点


40代の肌は乾燥だけでなく、顔の筋肉が衰えることにも注意が必要。そのため、顔全体の質感と造形のバランスを整えておくことが理想的です。どのような点に注意してスキンケアをすれば良いのか、確認しておきましょう。

肌の質感をキープするためのスキンケア

保湿と美白のケアを徹底することで、肌の質感を良い状態に保つ効果が見込めます。40代の肌はほとんどの人が乾燥状態に陥っているため、保湿は大きな課題。

また、美白のケアとして挙げられるものが、UV対策。紫外線を浴び続けると、肌の細胞に悪影響を及ぼし、シミにつながりやすくなります。紫外線は屋内にいるときにも影響を受けるので、UV対策を徹底することが大切です。

また、糖分の摂りすぎによる糖化も気をつけたいところ。肌をくすませてしまう原因になるからです。

これらの保湿・美白のスキンケアを重視することで、肌の質感を良い状態に保てるでしょう。

造形を良い状態に導く方法

顔全体の形をキレイに整えるためには、シワとたるみに注意すると良いですよ。とくに、シワに対しては保湿を重点的におこない、たるみに対しては顔全体の筋力を補うスキンケアを取り入れることをおすすめします。これらに注意することで、顔全体の造形をキレイに保てるでしょう。

まとめ

乾燥、顔の筋力低下、紫外線、ホルモンバランスの乱れ、糖化……。40歳を過ぎた女性が警戒しなければいけない要素はさまざまです。保湿やUV対策を含む美白、マッサージ、食事といった方法による家での肌のケアに限界を感じるようであれば、早めにサロンやクリニックでの対策をはじめることを検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です