30代のスキンケアはコレでOK!的確なアプローチで悩みのもとを撃退!

この記事の情報提供者

30代のスキンケアでは、20代のころとは異なるやり方が求められます。状況に応じたスキンケアをしないと、未来のあなたの美を損ね、頭を悩まされる原因になってしまうかもしれません。

若いころに比べて肌が衰えてきた、数年経っても素敵な肌で過ごしたいと願う女性のため、美しい肌を磨く方法に詳しい寒川あゆみさんのお話をもとに

  • 30代で見られる肌の悩み
  • 【悩み別】30代の肌に合ったスキンケア方法
  • 30代の肌に合ったスキンケア用品を選ぶ際のポイント
  • 30代のスキンケアで注意すべきこと

を紹介します。30代の正しいスキンケアを知り、一段と素敵な40代を迎えたいと望んでいる女性は、当記事の内容をぜひご覧ください。

30代で見られる肌の悩み


30代では乾燥・毛穴・シワの悩みで頭を抱える女性がたくさんいます。悩める30代の肌事情について、詳しく見てみましょう。

乾燥

30代では、肌の表面や内部の乾燥に悩まされる人が見受けられます。肌の表面が乾燥しているのは、触ると肌がカサカサしている状態などがあげられるでしょう。また、肌の内面が乾燥している場合には、スキンケアをしてもすぐに乾燥しやすいといった状況が当てはまります。

また、乾燥はシワやシミ、そばかすなどの肌トラブルにつながる恐れがあります。あらゆる悩みのもとになる乾燥を甘く見ていると、あとあと悔やむことになるので、適切なスキンケアで正しくアプローチしましょう。

毛穴


鼻の毛穴の開きが目立つ場合や、毛穴の皮脂詰まり、毛穴の黒ずみの場合などは、洗顔や保湿のスキンケアを見直すべきです。頬周辺の毛穴の開きが気になる場合は、頬の筋力の低下によるたるみが原因。

顔のどの部分で毛穴が目立っているのかによって、原因や対策が異なってくるので、適切な知識と対処法を押さえることが重要です。

シワ

目元や口元に細い線のようなシワができて気になる場合は、乾燥が原因。年齢を重ねるにつれてコラーゲンが減少し、肌の弾力がなくなると、シワができやすくなります。

また、乾燥することで紫外線ダメージを受け、コラーゲンが破壊されると、やはりシワができやすい状況に結びついてしまいます。そのため、しっかりと保湿をし、コラーゲンケアをおこなって、これ以上シワを深くしないように予防しましょう。

【悩み別】30代の肌に合ったスキンケア方法


30代の女性が直面する悩みを把握したら、次はその対策を押さえておきましょう。ここでお伝えするスキンケア方法で、一段とキレイなあなたを実現してください。

乾燥

乾燥に悩む人は、普段の化粧水の量が少なくないか見直してみましょう。そして、乾燥対策として効果的な以下のスキンケア方法を実践してみてください。

1.洗顔後、コットンを2枚に重ねて化粧水をたっぷり取り、顔全体に浸透させる
2.コットンを裏返し、化粧水を足してから、重ねるように化粧水を浸透させる
3.化粧水のあとにコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれているシートマスクを併用して、化粧水と美容液で保湿ケアをおこなう

毛穴


鼻の毛穴の開きが目立つ場合や、毛穴の皮脂詰まり、毛穴の黒ずみで悩んでいる場合は、洗顔や保湿によるスキンケアを見直しましょう。具体的なスキンケアとしては、次のやり方を参考にしてみてください。

1.クレンジングの量をたっぷり取り、メイク汚れを浮かせるように洗う
2.洗顔料をしっかり泡立てて泡で毛穴汚れを取り除くように洗顔する
寒川あゆみさん
週に一度は酵素パックやクレイマスクによって、毛穴の汚れをリセットしましょう。

また、頬周辺の毛穴の開きに対するスキンケアをする人のなかには、化粧水のあとにコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれているシートマスクを併用する人もいるでしょう。そんなときには、ひと手間かけてみてください。シートマスクを使う前に冷蔵庫で冷やしておくと、毛穴がキュッと引き締まりやすくなる効果が期待できるので、おすすめですよ。

ですが、頬周りの毛穴が開く際の根本的な原因は、筋力の低下であることを忘れてはいけません。問題にしっかりと向き合うスキンケアとしては、サロンやクリニックで筋肉ケアをしたり、美顔器などで筋肉の引き締めをしたりすると、より高い効果を期待できます。本気で対策をしたい人におすすめのスキンケアといえるでしょう。

シワ

シワを招きやすく、加速させやすくなる要因は乾燥です。乾燥によるシワへの対策として、以下のスキンケア方法を紹介します。

1.洗顔後、コットンを2枚重ねにして化粧水をたっぷり取り、顔全体に浸透させる
2.コットンを裏返し、化粧水を足して、重ねるように化粧水を浸透させる
3.化粧水のあとにコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれているシートマスクを併用して、化粧水と美容液で保湿ケアをおこなう(ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容液やパックによって集中ケアをするのもおすすめ)

30代の肌に合ったスキンケア用品を選ぶ際のポイント


30代になると20代のころの肌質から変化し、それにともなって肌の悩みも大きく変化します。その悩みの根源は乾燥。そのため、肌の悩みを招きたくない、加速させたくない人は乾燥させないことが大切であり、30代のスキンケアを成功させる秘訣なのです。

これらのことから保湿効果が高いとされる、コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタ・ヒト幹細胞にあわせて、シワやたるみに対するスキンケアを定期的に取り入れることをおすすめします。そうすれば今後、肌の悩みが加速してしまわないよう、予防する効果が期待できるのです。

30代のスキンケアで注意すべきこと


20代のスキンケアの答えは、30代の肌につながって、結果として表れます。そして、30代のスキンケアの効果が40代の肌へとつながり、結果となって表れるのです。

乾燥や肌のコンディションを整えるための基本的なスキンケアは、もちろん重要。しかし、化粧水・乳液・クリームだけでスキンケアを終えていると、不十分なことが多々あります。スキンケアには、年齢や肌の状態などに応じた適切なやり方があるので、今までと同じスキンケアではいけない部分もあるからです。

つまりポイントは、シワやたるみ、毛穴、シミに対する悩みを予防するためのスキンケアにつなげること。そのためにも、今までのスキンケアに加えて、それぞれの悩みに効果が期待できる美容液やサロン、クリニックなどをうまく取り入れながら、スキンケアにはげみましょう。

まとめ

30代の女性は、乾燥・毛穴・シワといった肌の悩みを抱えている人が多くいます。これらの肌トラブルを改善するためには、悩み別の対処法を見極め、正しいスキンケアを取り入れることが大事。あなた自身の肌と向き合って、どんな原因があるのかを正確に把握し、効果的なお手入れをおこないましょう。

そして、そのためには適切なスキンケアアイテム選びや、注意点の把握も欠かせません。この記事内でお伝えしたスキンケアのやり方を参考にして、40歳以降の素敵な肌につなげていってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です