美肌に通じるスキンケア!アナタの肌質に合ったやり方を見つけよう!

この記事の情報提供者

美肌に近づくためには、正しくスキンケアをすることが大切です。ですが、「スキンケアの順番がわからない」とか、「数あるアイテムの中から、何を選べば良いのかわからない」と感じている人は少なくありません。そこで今回は、女性の魅力を引き出すことに詳しい寒川あゆみさんに、美肌のためのスキンケアについて教えていただき、

  • 美肌になるためにおすすめのスキンケアの順番
  • 【アイテム別】美肌になるためのスキンケア方法
  • 美肌に効果的なスキンケア用品の選び方と肌質に合わせたスキンケア方法のポイント

を解説していきます。効果的にスキンケアをして美肌に近づきたい女性は、ぜひ参考になさってくださいね。

美肌になるためにおすすめのスキンケアの順番


美肌に近づくためにスキンケアをする場合、まずは正しい順番を把握しておきましょう。なぜなら、それぞれのアイテムには異なる役割があり、使う順番によって持ち味を引き出せるかどうかが変わってくるからです。そこで、美肌になるためにおすすめのスキンケアの順番について、確認しておきましょう。

美肌になるためにおすすめのスキンケアの順番
1.クレンジング
2.洗顔
3.角質ケアパック
4.化粧水
5.美容液、シートマスク
6.乳液、クリーム

【アイテム別】美肌になるためのスキンケア方法

美肌になるためのスキンケアは、アイテムごとに役割や使い方が異なります。間違った使い方をすると、十分にスキンケアができず、うまく美肌に近づけないことがあるのです。そこで、美肌になるためのスキンケア方法をアイテム別にまとめました。

クレンジング剤の役割と正しい使い方

メイク汚れを落とすクレンジング。クレンジングの量は、少し多めに手に取って、手と顔を擦らずに肌表面でクレンジング剤を滑らしながら、メイクを浮かせるように洗うことがポイントです。肌に摩擦を与え続けると、肌トラブルの原因になるので、注意しましょう。

洗顔料の役割と正しい使い方


メイク汚れの残りや皮脂汚れ、外気汚れなどを落とす洗顔料は、泡立ててから肌表面で転がすように優しく洗うことがポイント。キメ細かい泡が汚れに吸着するので、擦る必要はありません。ぬるま湯や水で、洗い残しのないように流しましょう。

角質ケアパックの役割と正しい使い方

ピーリングやスクラブなどは、肌が弱い人には負担になることもありますが、クレイパックや酵素パックは、塗るだけで古い角質や毛穴の奥に溜まった汚れを吸着してくれます。パックを置いたあとは洗い流すだけなので、肌を擦ることなく、優しくケアできることが特徴。古い角質を定期的に取り除くことで肌のなめらかさ、透明感、肌代謝が整いやすくなると言われています。

週に1回〜10日に1回のペースで、クレイパックや酵素パックなどの、洗い流すタイプのパックで角質を整えましょう

化粧水の役割と正しい使い方

スキンケアの中でも、化粧水の量が少ないと肌の表面と内部がともに乾燥しやすくなり、美肌から遠のいてしまいます。そのため、化粧水をたっぷりとつけることが大切です。数回にわけ、重ねて肌になじませるようにしましょう。

具体的な使い方としては、以下を参考になさってください。

化粧水の正しい使い方
1.洗顔やパックのあとに、手のひらに化粧水を取り、顔全体になじませる。
2.コットンを2枚重ねたところに化粧水をたっぷり含ませ、優しく肌全体に浸透させる。
3.コットンを裏返して少し化粧水を足し、繰り返し優しく肌になじませる。
寒川あゆみさん
肌の内側から、ひんやりしてきたら化粧水がしっかり浸透している証拠です。この感じが得られるまで、入念に化粧水を肌になじませてくださいね。

美容液・シートマスクの役割と正しい使い方


化粧水のあとに美容液やシートマスクを活用しているという人も多いでしょう。乾燥が気になる・保湿力を高めたい・ニキビやニキビ跡が気になる・エイジングを意識したいなど、肌をワンランク高めるためには美容液やシートマスクを取り入れましょう。

寒川あゆみさん
とくに、年齢の出やすい目元や口元をケアすると良いですよ。

乳液・クリームの役割と正しい使い方

化粧水や美容液、シートマスクは肌にとって水分となります。肌の水分量と油分量のバランスを補うため、化粧水や美容成分を逃さないようにするためには、乳液とクリームが必須です。顔全体に広げたら、優しく手のひらの温度でなじませましょう。

美肌に効果的なスキンケア用品の選び方と肌質に合わせたスキンケア方法のポイント


美肌を目指すためには、自分の肌質に合ったスキンケア用品を選ぶことが大切です。でも、どのようにして選び、どんな方法でスキンケアをしていけば良いのでしょうか?そこで、美肌に効果的なスキンケア用品の選び方と、肌質に合わせたスキンケア方法のポイントについてまとめました。

クレンジング

クレンジング剤にはいろいろな種類のものがありますが、大きくわけて以下の3種類をあげることができます。

クレンジング剤の種類
・ジェルクレンジング:水分量が多く、どのような肌タイプにも使える。
・オイルクレンジング:油分量が多く、洗浄力が高い。
・ミルククレンジング、クリームクレンジング:敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使える。

ジェル・オイル・ミルク・クリームと水分が多いもの、油分が多いものによって、テクスチャーが違うことはもちろん、洗い上がり感やメイクの落ち方が違います。

寒川あゆみさん
オススメは水分量が多く、ぴったりと肌に密着して洗浄力もあるジェルタイプです。

角質ケアパック

ピーリングやスクラブなどは、肌が弱い人には負担になることもありますが、クレイパックや酵素パックは、塗るだけで古い角質や毛穴の奥に溜まった汚れを吸着してくれるのでおすすめです。パックを置いたあとは洗い流すだけなので、肌を擦ることなく優しく使えることが角質ケアパックの特徴。

古い角質を定期的に取り除くことで、肌の滑らかさや透明感が出て、肌のターンオーバーが整いやすくなると言われています。

化粧水・美容液・シートマスクなどの美容成分


乾燥肌の人は保湿力を重視しましょう。コラーゲンヒアルロン酸EGFプラセンタなどの成分が配合されているものが良いです。

たとえば、ニキビ肌の人で、皮脂が過剰に分泌している場合は、乾燥が原因だと考えられます。そのため、保湿効果が期待できる成分が配合されているものを積極的に使っていきましょう。

寒川あゆみさん
炎症が落ち着いていたり、ニキビ跡を引かせたりしたい場合はビタミンC誘導体やアルブチン、アスタキサンチンが配合されているものがおすすめです。

まとめ

美肌になるためには、正しい順番でスキンケアに取り組み、アイテムごとの役割や使い方を理解したうえで使いこなすことが大切です。美肌に近づきたいという思いが強い人の中には、強く肌を擦ってしまって、肌トラブルを招いてしまう人もいます。そのため、あらかじめ、スキンケアの正しい方法や、それぞれのスキンケア用品の使い方を把握しておくことをおすすめします。

肌が弱い人や乾燥肌の人など、肌質にはいろいろなタイプがあるので、自分に合ったスキンケア用品を見つけて美肌に近づけるようにしましょう。

細かい使い方が異なるケースもあるので、新しいアイテムを使う際には、事前にしっかりと確認することも大切です。効率的にスキンケアに取り組んで、美肌に近づいてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です