ザラザラ肌に悩む人へ!悪化を防ぎ目立たなくする方法を押さえよう

この記事の情報提供者

肌がザラザラになることで気分が落ち込んでしまい、人と会いたくないと思う女性は少なくありません。正しく原因を把握して適切に対処しないと、思わぬ肌トラブルを招いてしまうザラザラ肌には注意が必要です。そこで今回は、綺麗な女性に近づく方法を熟知している寒川あゆみさんに、肌のザラザラについて教えていただき、

  • 肌のザラザラにはどんなものがある?
  • 肌がザラザラする人がやってはいけないこと
  • 肌がザラザラになってしまったときのスキンケア
  • 肌のザラザラが悪化したらどうなる?悪化しないための方法は?
  • 肌のザラザラを目立たなくするためスキンケアやメイクポイント

をお伝えしていきます。肌のザラザラが気になる女性は、ぜひ参考になさってくださいね。

肌のザラザラにはどんなものがある?

肌がザラザラする理由には、大きくわけて以下の4つの種類があります。

1.古い角質
2.毛穴の汚れ
3.にきびや吹き出物
4.乾燥による皮めくれなど

肌がザラザラする場合、毛穴に古い角質が溜まったり、毛穴に汚れが溜まったりするなどの理由があります。

角質や汚れが溜まって毛穴が大きくなり、やがてにきびや吹き出物になってしまって、もっとザラザラすることになるのです。また、季節の変わり目などには乾燥しやすくなるので、皮がめくれて肌がザラザラになってしまう人もいます。

肌がザラザラする人がやってはいけないこと


肌がザラザラする人の中でも、とくににきびや吹き出物の炎症がある場合や、乾燥状態がひどいときには、ピーリングなどの角質をとるようなハードなケアをしないようにしましょう。

肌に強い刺激を与えると、さらなるトラブルを招いてしまうことがあるので、くれぐれも気をつけてくださいね。

肌がザラザラになってしまったときのスキンケア


肌がザラザラしてしまったときには、原因に応じて適切なスキンケアをすることが大切です。正しくスキンケアをしないと、肌のザラザラを改善できないケースが考えられるほか、異なる肌トラブルを招いてしまうかもしれないので、あらかじめ確認しておきましょう。

古い角質・毛穴の汚れ

古い角質や毛穴の汚れには、丁寧にクレンジングや洗顔を行うことが大切です。週に1回から10日に1回のペースで、クレイや酵素などの洗い流すタイプのパックを使って、古い角質や毛穴の汚れを取り除きましょう。

また、コットンに化粧水をたっぷりと含ませてから肌に浸透させ、シートマスクで保湿をし、乳液、クリームを重ねるのも効果的です。肌の水分量と油分量を高め、角質のザラつきや毛穴汚れも落ちやすくなるので、ぜひ試してみてください。

にきびや吹き出物・乾燥による皮めくれなど

にきびや吹き出物、皮のめくれによって肌がザラザラになっている人は、肌の水分量と油分量を高めることが最も大切です。そのためにも、丁寧にクレンジングや洗顔をして、コットンにたっぷりと化粧水を含ませてから肌に浸透させましょう。その後、シートマスクで保湿をし、乳液、クリームを重ねて、水分と油分の量を高めることをおすすめします。

にきびや吹き出物が原因で肌がザラザラしている場合は、ビタミンC誘導体アルブチンなどの、美白や鎮静効果が期待できる成分が含まれたスキンケア商品で補って、赤みや炎症を落ち着かせるように心がけてください。

また、乾燥による皮めくれが長いあいだ続いていたり、化粧水をつけたときにピリピリしたりする場合は、クレンジングや洗顔を丁寧に行って、ホホバオイルアルガンオイルによって、肌に油分を与えましょう。このように肌を保護した状態だと、化粧水をたっぷりとコットンに含ませて、肌に浸透させたときのピリピリ感が軽減するのでおすすめです。

寒川あゆみさん
乾燥による皮めくれの状態がひどい場合には、美容成分の濃度が高いシートマスクや美容液はお休みしましょう。乳液、クリームを重ねて、肌の水分量と油分量を高めると良いですよ。

肌のザラザラが悪化したらどうなる?悪化しないための方法は?


肌がザラザラしたときの対処法を知っていないと、間違ったケアをしてしまって、さらに状況が悪くなる可能性があります。肌のザラザラが悪化すると、ほかのトラブルまで招いてしまうことがあるので、注意しなければなりません。そこで、「より注意深くケアをしよう」という心がけをしっかりと持つためにも、肌のザラザラが悪化したときの状況や、悪化しないための方法について、把握しておきましょう。

肌のザラザラが悪化することで生じる悪影響

ザラザラした肌に対してうまく対処できないと、悪い影響が強まって以下の4つの肌トラブルを招いてしまいます。

1.お肌の凹凸が目立つ
2.肌になめらかさがなくなる
3.肌がくすみ、透明感がなくなる
4.にきびや吹き出物などの肌トラブルを招きやすくなる

肌のザラザラを悪化させないための対処法

肌がザラザラする・凹凸が目立つ・ゴワゴワしてなめらかさがない・くすみがあって透明感がない・にきびや吹き出物が出てくるという場合は、肌が乾燥していないかどうかを疑って、スキンケアの見直しをすることが大切です。

具体的には、しっかりと保湿を行ったうえで、角質をケアしたり、必要な美容成分を補ったりするなど、肌の状態を整える習慣を身につけていきましょう。そうすることで、ザラザラ肌の悪化を予防する効果が期待できるのです。

肌のザラザラを目立たなくするためスキンケアやメイクのポイント


肌がザラザラになってしまった場合、少しでも良い状態に近づきたいですよね。また、外出するときには、できる限り目立たなくしたいという人も多いでしょう。そんなときに役立つスキンケアやメイクのコツについて、解説していきます。

肌のザラザラを目立たなくするためのスキンケアのポイント

ザラザラの肌を目立たなくするためには、以下の2点に注意しながらスキンケアを行ってください。

1.日頃から化粧水をたっぷりなじませて、乳液、クリームによって水分と油分のバランスを補うこと。
2.定期的に角質ケアを取り入れたり、美容成分を補ったりすることで、角質層を整えておくこと。

肌のザラザラを目立たなくするためメイクのポイント

肌がザラザラになってしまった場合に、目立たなくするポイントは、以下の2点です。

1.ファンデーションは薄く伸ばして、厚塗りにしないこと。
2.ムラにならないようにスポンジやブラシを活用すること。

まとめ

肌がザラザラする場合には、4種類の理由があります。しっかりと原因を把握することで、ザラザラ肌に対して正しいスキンケアができるので、さらに綺麗な肌に近づくためにも、今回お伝えした内容をしっかりと押さえてくださいね。

その反対に、肌がザラザラになってしまう原因や対処法を押さえていないと、状況を悪化させてしまうことになりかねません。早く改善したいという思いから焦ってしまい、間違ったスキンケアをして別の肌トラブルを招いてしまう人もいるので、注意が必要です。

そのため、この記事を読んで正しい知識を把握し、ザラザラの肌に適切な対処をしていきましょう。より魅力的な女性に近づくためにも、今回お伝えした内容を役立ててくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です